ホーム
特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
パイプオルガンと音楽
Listening Room
音楽館} ホーム

へもどる


Elgar: Organ Sonata (Op. 28)
エルガー (1857-1934) オルガン・ソナタ (第1番)
1895年作曲

I. Allegro maestoso - II. Allegretto - III. Andante espressivo - IV. Presto (comodo)


 録 音
これまでに入手した LP・CD・LDを、ほぼ録音年代順に次の要領で挙げてみよう。 各アルバムにカップルされている曲等についてのデータは省略。なお、連番/順序は随時変更することあり。 (古いものの多くは 現在廃盤あるいは入手不可能。)

凡例

連番 演奏者 レーベル アルバム番号 LP・CD・LD の種別 録音年(録)・初版年(P) 等
" アルバム・タイトル "
録音場所 (使用楽器の作者 建造年) 1 + 2 + 3 + 4楽章 / 全曲 の録音時間
寸評

手許にあるもの (オリジナルのオルガン独奏)

1. Herbert Sumsion EMI 7243 5 65594 2 4 CD (録)1965.1.4-6 (P)1965,1996
"ELGAR: Sacred Music - Organ Sonata"
Gloucester Cathedral, UK (Harrison and Harrison, 1920)     8:48+6:08+6:21+7:53 / (29:10)
サムションは、1928年から40年近くグロスター大聖堂のオルガニストを務めたが、 コダーイ、エルガーなど多くの作曲家と親交があった。指揮者としても活躍し、フィンジ、ヴォーン=ウィリアムズ、 ホルスト、ハウウェルズ等の作品の初演を行った。 この録音は彼が66歳の頃のもの。テンポは相当遅めで、ミスタッチも多いが、さすがは老練の演奏家、 風格があり音楽的にはなかなか聴かせる。第3楽章におけるスウェルの扱い方が秀逸。

2. Simon Preston Argo 414 647-1     LP (P)1967
"Elgar: Organ Sonata"
Colston Hall, Bristol, UK (Harrison and Harrison?) 9:00+4:15+5:45+6:50 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

20. Rollin Smith Repertoire Recording Society RRS 11 LP (録)1973
"Organ Music of Elgar and Mozart"
Church of Saint Rose of Lima, Brooklyn, NY, USA (Holtkamp, 1962) - / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

3. Jennifer Bate ASV LP 1978?
(P)1985(=LP)  
ASV QUICKSILVA ASQ 6160 CD
" - "
Royal Albert Hall, London, UK (Willis, 1872/Harrison and Harrison 1924, 1933) - / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

4. Nicolas Kynaston Mitra OSM 16157 LP (録)Oct.1977
"Elgar/Reubke - Ingolstadt"
Muenster zu Ingolstadt (Klais 1977) - / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

5A. Thomas Murray TownHall S-23        LP (録)1978?
" - "
Immaculate Conception Church, Boston, USA (E. and G.G. Hook, 1863) 9:17+4:22+6:02+7:21 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

5B. Thomas Murray AFKA SK 507     CD (P)(C)1990
"An American Masterpiece"
Church of the Immaculate Conception, Boston, MA, USA (E. & G.G. Hook, Opus 322 (1863)) 9:18+4:16+6:04+7:27 / 27:25
(寸評=もう少しお待ち下さい)

6. Christopher Bowers-Broadbent Priory PR 151  LP (録)1984.5.3
"Elgar and Howells"
Coventry Cathedral, UK (Harrison and Harrison) 9:17+4:22+6:02+7:21 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

7. Donald Hunt   Alpha (Abbey) ACA 540     LP (録)1984.5.28-29
"Elgar's Organ Music"
Worcester Cathedral, UK - / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

8. Christopher Herrick Meridian CDE 84085   CD (C) 1987  
"Elgar Organ music"
Westminster Abbey, London, UK 7:44+3:25+7:01+6:32 / -
(リズム感があまり良くない。録音も鮮度が悪い。)

9. Wolfgang Ruebsam   Bayer BR-100049 CD (録)1988.11.1-2
"The Romantic Organ / Romantische Orgelmusik"
Rockfeller Memorial Chapel, University of Chicago, IL, USA (E.M. Skinner, 1928) 9:50+5:05+6:28+8:07 / 29:32
アクの強いアゴーギクが災いして、エルガーの音楽とはやや異質の感じがするのは否めない。

10. Paul-Martin Maki   Titanic Ti-226 CD (録)1990.7.9-11
"Elgar & Company"
MacMurray College, Jacksonville, Illinois, USA (AEolian Skinner, 1928) 9:12+4:27+5:54+7:46 / 27:18
(寸評=もう少しお待ち下さい)

11. Carlo Curley Argo 433 450-2  CD (録)1991(?)
"Organ Imperial"
St Mary Redcliffe, Bristol, UK (Harrison and Harrison) - / -          
これは、私が聴いたこの曲の録音の中で最初に納得できるものだった。 とにかくこの演奏には勢いがあり、自然で自発的な音楽の流れが感じられる。また終楽章のようにテンポの速い部分での せっぱ詰まった感じも良い。カーリーはアメリカ人(と言ってもルーツはアイルランド)ながら、 この世紀末のイギリス音楽が持つ翳りをよく表出している。録音も誇張がなく HiFiだ。推薦。

12. Daniel Matrone    REM 311158     CD 1991   
"L'AU-DELA du ROMANTISME (LISZT/ELGAR/REGER)"
L'Abbatiale de Saint-Sever (Landes, France) (Cavaille-Coll) 9:56+4:13+5:36+7:03 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

13. Gareth Green    Naxos 8.550582     CD 1991   
"English Organ Music"
Chesterfield Parish Church, UK 7:53+3:53+6:02+6:40 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

14. Carlo Curley ポリドール POLL-1068 LD (録)1992      
"Organ Imperial"
St Mary Redcliffe, Bristol, UK (Harrison and Harrison) - / -          
(寸評=もう少しお待ち下さい)

15. Christopher Herrick Hyperion CDA 66778 CD (録)1995.3.15-16 
"Organ Fireworks VI"
Wellington Town Hall, New Zealand (Norman & Beard 1906) - / 25:05
現在ハイペリオンに多数の録音を行っているヘリック、2度目の録音だが、こちらの方が良い。 9.のカーリーの演奏をおとなしくしたような感じ(聴いたのか?)。リズムやアーティキュレーションのあまさは残るものの そつなく聴かせる。 録音はホールの響きをよく捉えている。

16. Thomas Murray Gothic G 49076 CD (P)1995  
"Elgar at Woolsey Hall"
Woolsey Hall, Yale University, USA (Hutchings-Votey/Steere/E.M. Skinner) 9:36+4:33+6:45+7:36 / -
(寸評=もう少しお待ち下さい)

17. John Scott     Priory PRCD 401  CD      
"GREAT EUROPEAN ORGANS No.34"
St Paul's Cathedral, London, UK       9:44+4:22+7:02+6:56 / -
ジョン・スコットの録音は今までいくつか聴いたが、これは実に説得力のある演奏だ。 さすがにセント・ポールのオルガニストだと思った。特にデュナーミクの操作に秀でている。 ウィリスのオルガンはやはりバランスのとれた音楽的な音を持っている。 録音も、10秒を超える残響の中で演奏をうまく捉えていると言える。推薦。

18. Arturo Sacchetti ARTS 47391-2  CD (録)1991.6/(P)(C)1997
"Organ History - ENGLAND: From Elgar to Arnell"
Chiesa S. Geraldo a Majella, Roma, Italy (Rieger? 1986) 11:29+5:08+6:54+8:35 / -
インテンポで丁寧に弾いている。ロマン派の音楽でこういう演奏もできるのかという感じ。 そういう意味では面白いとも言えるが、所詮このモダンな楽器の音は、作品が持つイギリスの香りとは相容れない。

オーケストラ編曲による演奏

A1. Vernon Handley 指揮
Royal Liverpool Philh. Orch.
EMI CD-EMX 2143 CD (録)1988.8.31-9.1. (P)1989
"ELGAR: ORGAN SONATA & Wand of Youth No.1 & No.2"
Philharmonic Hall, Liverpool, UK 8:33+4:14+6:39+4:59 / -
この曲は最初(1895年)にドイツのブライトコップから出版されたが、1941年に なってイギリスの出版社がその版権を獲得した。エルガーはバッハのオルガン曲のオーケストラ編曲なども手がけていたので、 おそらくその辺りで彼らがこの編曲のアイデアを考えついたのだろう。エルガーの指揮では定評のあった エイドリアン・ボールトが、ゴードン・ジェイコブを編曲者として推薦した。できあがった編曲は、ボールトの指揮により 1947年6月4日に初演・放送(BBC)された。なぜかこの初演は、イギリスの主な音楽誌で取り上げられることもなく、 その後この編曲はスコアの所在もろとも忘れ去られてしまう。編曲者のジェイコブは 1980年になって、 「相当な労力を費やして完成した編曲なのでもっと演奏して欲しかった」 と語っている。 おそらくは戦後、エルガーの音楽自体が時代遅れになったことが忘れ去られた原因であろう。
再発見された編曲が今回の録音までこぎ着けたのは、編曲の初演を放送で聴いたオルガニストで熱烈なエルガーの支持者であった キース・ベスト(故人)が、「この優れた編曲は、オルガン音楽に関心を持つ人のみならずもっと広い聴衆に認められるべきだ」 と主張したことに端を発している。 編曲を聴くならば、たぶんこれはエルガーの 交響曲 第「0」番とも言える性格を持つものであることが理解できるが、 また、エニグマ変奏曲ともト長調・短調という調性によって結びついている。
エルガーは、鍵盤楽器よりもむしろ弦楽器を弾くことの方が得意だった作曲家であり、オルガンでは 音符の動き(指遣い)が辛い(右手が4度位の平行で動く)など、オルガニストにはあまり評判が良くない。 しかしそれが音楽作品としての価値を些かも低めるものではないことは言うまでもない。それは、この編曲を聴けば 明らかである。
エルガーの演奏に手慣れたヴァーノン・ハンドリーの指揮は、速めのテンポで やや重厚さに欠けるとは思うが、作品の本質的な良さは十分に表している。

手許にないもの (オルガン独奏)
  • 19. Harold Darke, Mirrosonic 1006 (LP), St. Michael's Cornhill, UK. (R)1957
  • 21. Christopher Robinson, RCA LR22 5120 (LP), Worcester Cathedral, UK. (R)1976
  • 22. Hubert Best, Abbey Alpha APS 346 (LP), Birmingham Cathedral, UK. (R)1983
  • 23. June Nixon, Move MS 3059 (LP), St.Paul's Cathedral, Melbourne , Australia
  • 24. Roger Fisher, Motette-Ursina 11501 (CD) "Roger Fisher spielt Elgar"
    1998年夏にリリースされる予定のもの
  • 25. Michael Gassmann, Telos records (Germany) (CD), Recorded on Fischer & Kraemer at Liebfrauenkirche Günterstal, Germany; (R) 1997



    上記のオリジナル(オルガン)の演奏のうち、とりあえず無条件で推薦できるものは、 (11)の Carlo Curley と (16)の John Scott であり、この二つは甲乙つけがたい。


     楽 譜
  • Edition Breitkopf: Nr. 3404
  • Novello: Elgar Complete Edition - MUSIC FOR ORGAN



     日本における演奏
  • 2003年3月9日(日)、白石ホワイトキューブにて カルロ・カーリー による全曲の初演が行われた。 



     リ ン ク
  • エドワード・エルガー/希望と栄光の国 (同名の書を出版された水越さんのサイト)
  • エルガー協会 (The Elgar Society) (英語)





        音楽館ホーム Listening Room  へもどる

  • パイプオルガンと音楽
    ホーム
    特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
    Since 98- 3-20 Last modified 2003 - -.
    This page first uploaded 1998-02-04.