ホーム
特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
パイプオルガンと音楽
Listening Room
音楽館} ホーム

へもどる

Diderik Buxtehude
ブクステフーデ
1637 - 1707
"家庭音楽のひとこま"
ヨハネス・フォールハウト による油彩画 (1674)。ブクステフーデ、ラインケン、タイレが描かれている
ハンブルク歴史博物館所蔵。 フルサイズの画像 (104k JPEG)

ブクステフーデの肖像画は存在しないと思われていたが、1970年代の半ばになって、このページに紹介する油彩画が発見された。 ここに描かれている音楽家のうち3人は、ラインケン、タイレ、ブクステフーデ であることが判明している。
ラインケンは他にも肖像画が残っており、チェンバロを弾いている であると特定できる。 リュートを爪弾く女性()は不明だが、残る2名は、ガンバを奏する と 楽譜を前に肘をつく(あるいは耳に手をかざす?)男性 である。 従って、 のいずれかが ブクステフーデで、もう一方が タイレである。


    ラインケン (1623-1722): おそらくオランダ生まれ。シャイデマンに師事、彼のあとを継いで 1663年、ハンブルク・カタリナ教会のオルガニストとなる。80歳になるまでそこで主席オルガニストを務め、ほとんど 100歳まで生きた。 卓越した演奏技巧を持ち、コンサートオルガニストとして活躍。16歳の若きバッハは、彼のオルガン演奏を聴くためにハンブルクまで旅行している。
    タイレ (1646-1724): ナウムブルクに生まれ没した作曲家・理論家・教師。マテゾンによれば 「特別に信心深く正直な人間で、音楽を完全に理解していた」。同時代人から「対位法の父」と呼ばれ、合唱用の宗教音楽で重要な貢献をした。
    ブクステフーデ (1637-1707): 作曲家・オルガニスト。デンマーク生まれ。
ブクステフーデは 1668年、トゥンダーの死により空席となった リューベック・聖マリア教会の音楽監督・オルガニストに就任。以後40年近くにわたって 「リューベックのオルガニスト」として活躍し、また彼が主宰した年5回の「夕べの音楽」(アーベントムジーク)によりあまねく名声を得た。
1705年10月、20歳になったバッハはアルンシュタットの教会に4週間の休暇を願い出て(徒歩で?)370km離れたリューベックに赴く。 ブクステフーデの音楽に深く魅了されたバッハは、何と4か月近くを経て戻り、教会の聖職会議で査問されることとなった話しは有名である。 その時に非難された理由の一つは、彼が礼拝時のオルガンコラール演奏で、耳慣れない音を混入して会衆を困惑させたというものであった。 これは明らかにブクステフーデの影響によるものだったと思われる....

このページは工事中です。



    音楽館ホーム Listening Room  へもどる

パイプオルガンと音楽
ホーム
特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
Since 98-03-22 Last updated: 1999-02-28.
This page first uploaded 1999-02-28.