ホーム
特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
パイプオルガンと音楽
研究室
オルガン講座
エッセイ
論文

ホームへもどる



日本にオルガンはいくつあるか


    [Q] 現在日本にはどのくらいの数のオルガンが存在しているのか?


    [A] 私の推測では 1000台は超すと思うのですが、現在では誰も正確に判らないでしょう。
    30年以上前には、オルガン関係者なら どこにどのようなオルガンがあるか大体把握していました。 現在では、私たちが知らないような場所(たとえば結婚式場のチャペル)に、ヨーロッパの教会で不要になった小型オルガンを 見つけてきて設置されていることもあります。

    ちなみに、「人口あたりのオルガン密度」 というものを考えてみると面白いかも知れません。

    日本のオルガン密度は 100,000人に1台 程度と考えられます。 私が以前仕事をしていたデンマークあたりでは 2,000人に1台くらいです。 アメリカには、教会オルガニストが5〜8万人いるそうですから、 オルガン密度は やはり 2000人に1台くらい になるでしょう。 ドイツ、オランダ、イギリスも大きく違わないと思います。 フランスはやや少なくなって、10,000〜5,000人に1台くらいでしょうか。

    ですから、日本とヨーロッパ諸国とでは「オルガン密度」は 2桁近く違うことになります。 いずれにせよキリスト教国では、過去、経済的に豊かだった地域に集中して オルガンが存在していると言えます。

    これらの国と比べて日本のオルガン密度は2桁近く小さいということになります。 ヨーロッパの都市では、教会には1台あるい複数のオルガンがあり、教会の隣にまた別の教会があることも稀ではありません。 人口あたりの教会の数は、たぶん日本で言えば神社とお寺を併せたくらいになるのではないでしょうか? ですから、すべての寺や神社にオルガンがあると仮定してみると、 ヨーロッパのオルガン密集地域の状況を想像できるかと思います。



    オルガン講座・エッセイ・論文 のホームへもどる

パイプオルガンと音楽
ホーム
特集 | コンサート | MP3 | CD | 音楽館 | 美術館 | 博物館 | 図書館 | 研究室 | ML | リンク
First uploaded 1998- 7-24.